読むべき本、見逃していない?

気温の変化が激しいこの時期に 覚えておきたい心身の調子を整えるツボ

  • 書名 「不調」の9割はこれでよくなる!
  • 監修・編集・著者名今野清志
  • 出版社名三笠書房

秋から冬にかけて、気温の変化が大きいこの時期、毎年体調を崩してしまうという人は少なくないはず。
こんな季節の変わり目は肉体的にも、そして精神的にもストレスがかかりがち。だからこそ対処法を知っておく必要があります。

ここでは中医学をベースにした健康習慣術を教えてくれる『「不調」の9割はこれでよくなる!』(今野清志著、三笠書房刊)から体の調子を整えるツボについて紹介していきます。

■自律神経の調子をチェックする「承山」のツボ

ツボは不調のない時、押しても痛くはありません。しかし、ツボの中にはたった一つだけ、「押して痛ければ正常」というツボがあるのです。それが「承山」というツボです。

ふくらはぎの中央のライン上で筋肉が「人」の字になるくぼみの中にあり、ここを押して痛むときは「健康」、逆に痛まなければ自律神経が乱れている疑いがあると著者の今野氏は言います。

自律神経が乱れてくると、五感が鈍ってしまいます。このツボを押しても痛みを感じないということは、異変が起きていることの裏返し。承山を定期的に押して、自律神経の働きをチェックすることを、今野氏はすすめています。

■疲れやストレスを感じたときは「膻中」「神門」

疲れやすい、ストレスを感じている。そんなときは「心経」のとどこおりを疑ってみるといいかもしれません。
「心経」は、中医学では、心臓や小腸を通る経絡(気や血液が流れる路)とされています。この流れが滞ると体に栄養が届かなくなり、心身に影響が出やすいのだそう。

この「心経」の流れをよくするツボが「膻中」「神門」です。「膻中」は左右の乳首のちょうど中間にあるツボで、ストレスや人間関係でイライラしたときに押すと気持ちをラクになると今野氏。
また、「神門」は手首の太い横ジワを小指側になぞっていったくぼみの中ほどにあるツボで、心経の流れをケアするのに効果的です。

■感情の乱れは「内関」と「労宮」で調整しよう

頭がモヤモヤする、うわの空で何事も集中できない。そうしたときは「心包経」という経絡が弱っている可能性があると今野氏。

改善のツボは「内関」と「労宮」です。「内関」は手首の内側の横ジワから指3本分ひじ寄りにあるツボで、いわばエネルギーの関所ともいえます。また、「労宮」は手の指を軽く曲げたい時にいちばんくぼむ場所で、手のひらのほぼ中央にあります。押すと緊張がやわらぎ、モヤモヤしていた気分もスッキリするといいます。

 ◇

何かと体調が崩しやすいこの時期、無理をすると心身はさらに疲れていきます。
「あまり体や心の調子がよくないな」と思ったら、ツボを押して自分の体の調子を探ってみてください。

毎日を充実させるには、健康であることが何より大切です。本書ではこのほかにも体中の経絡とツボが紹介されているので、ぜひ覚えてみてください。

(新刊JP編集部)

株式会社オトバンク「新刊JP」

次これ読もう、が見つかる「新刊JP」 日本最大級の書籍紹介ウェブサイト。話題の書籍や新刊本をブックナビゲーターが音声で紹介するインターネットラジオ番組「新刊ラジオ」や、書評記事、イベントレポート、出版業界の動向などを提供するニュースメディア「新刊JPニュース」、旬の作家のインタビューを掲載する「ベストセラーズインタビュー」、書店をフィーチャーした企画や電子書籍レビューなど、本にまつわるコンテンツを豊富に揃えています。あなたの「あ、これ読みたい」が見つかるはずです。

記事一覧 公式サイト

新刊JPニュースの一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?