本を知る。本で知る。

人生の貴重な時間をムダにしてしまう3つの「朝の悪習慣」

  • 書名 朝1分間、30の習慣。 ゆううつでムダな時間が減り、しあわせな時間が増えるコツ
  • 監修・編集・著者名マツダミヒロ
  • 出版社名すばる舎

毎日なにかゆううつで、あまり気持ちが進まない。
仕事に対してなかなかやる気が上がらなくて、生産性も低い。

もし、人生の質が下がっていると感じているならば、まず見直すべき時間が「朝」です。1日のスタートである「朝」という時間をどのように過ごすかによって、その日が決まります。
朝時間の充実は人生の充実につながります。しかし、そこで1日のテンションを下げてしまうような習慣を知らず知らずにやっていた場合、なかなか調子は上向きません。

ここでは、日々を充実させるための朝の過ごし方のコツを教える『朝1分間、30の習慣。 ゆううつでムダな時間が減り、しあわせな時間が増えるコツ』(マツダミヒロ著、すばる舎刊)を参考に、やっているならすぐに見直したい朝のNG習慣を3つご紹介します。

■気持ちを整理しないまま1日を始める

朝は1日のうちでもっともストレスホルモンの値が高く、どうしても気分がゆううつになりがちです。しかし、「まだ起きたくない」「会社に行きたくない」とネガティブな気持ちを整理しないままでいると、貴重な朝の時間は瞬く間に過ぎ去ってしまいます。

さまざまな研究からも、朝の充実によって幸福度が上がることが証明されています。
では、朝の時間をポジティブなものにするにはどうすればいいのか。それには「どんな1日になったら最高?」と自分に問いかけてみましょう。

例えばそこで「面倒な仕事が片づいて、スッキリとした気持ちで過ごしたい」と答えたら、あなたの脳はそうなるように指令し、無意識に「面倒な仕事が片づき、スッキリとした気持ちで過ごす」ように行動し始めます。そして結果、理想の1日を過ごすことにつながるのです。

■朝起きたらすぐにスマホを見る

あなたは朝、目覚めてすぐに何をしますか? もし、スマホを見ているならば要注意です。
時間を見るため。最新の情報をキャッチするため。誰かから連絡が来ていないか確認するため。ついついスマホに手を伸ばしてしまいがちですが、実は朝のパフォーマンスを低下させる原因になるというのです。

前述のように朝はなるべくポジティブな気持ちであるべきです。ところが、SNSに並んでいるのは誰かのネガティブな感情であったり、気持ちの上がらないニュースであったりします。また、仕事のメールを見たら、「あんまり気が進まないなあ」と億劫な気持ちになるかもしれません。

朝起きてすぐにスマホを見ることは、脳がまっさらな状態にわざわざネガティブな情報を入れること。著者のマツダミヒロさんは、目覚めてすぐの脳がきれいな状態を「プラチナタイム」と呼び、この時間にネガティブな情報を入れてはいけないといいます。
朝一番から嫌な気持ちになると、1日の生産性も上がらないもの。朝はできるだけスマホを遠ざけてみましょう。

■無理をして早起きをしようとする

朝の時間を充実させようとして、朝5時や朝4時などに目覚ましをかけたりしてはいませんか? でも、それはNG。どうしても「朝時間の充実」と「早起き」をセットで考えてしまいがちですが、本書では「むやみに早く起きればいいというわけではない」と述べられています。

大事なことは自分のペースを崩さないこと。普段、朝9時に起きている人は「9時」という時間がその人にとっての朝です。「何時に起きるか」ではなく、「起きてから何をするか」が大切なのであり、1日のスタートにしっかりと気持ちをポジティブに整え、理想の今日を描くことが、豊かな時間を過ごすことにつながります。

 ◇

本書で書かれている、人生を充実させるための最も基本的な朝の習慣は「自分に問いかける」ということです。

「いま、どんな気持ち?」
「どんな1日になったら最高?」
「今日の楽しみは何?」

寝起きで整理されていない頭にこう問いかけてみることで、今の自分の気持ちが整理され、今日何をすべきなのかがはっきりしてきます。仕事だって整理されている状態で始めたほうが、生産性は上がりますよね。

人生の貴重な時間をムダにしないために、本書に掲載されている30の習慣を読んで、できることから始めてみてはいかがでしょうか。朝1分でできる習慣が良い変化を呼び込むはずです。

(新刊JP編集部)

株式会社オトバンク「新刊JP」

次これ読もう、が見つかる「新刊JP」 日本最大級の書籍紹介ウェブサイト。話題の書籍や新刊本をブックナビゲーターが音声で紹介するインターネットラジオ番組「新刊ラジオ」や、書評記事、イベントレポート、出版業界の動向などを提供するニュースメディア「新刊JPニュース」、旬の作家のインタビューを掲載する「ベストセラーズインタビュー」、書店をフィーチャーした企画や電子書籍レビューなど、本にまつわるコンテンツを豊富に揃えています。あなたの「あ、これ読みたい」が見つかるはずです。

記事一覧 公式サイト

新刊JPニュースの一覧

一覧をみる

書籍アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

漫画アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?