本を知る。本で知る。

明らかに変わってしまった母。この現実から逃げたい僕<48歳で認知症になった母(3)>

48歳で認知症になった母

 「30年間誰にも言えなかった 僕の家族の物語。」

 本書『48歳で認知症になった母』(KADOKAWA)は、小学5年生にしてヤングケアラーになった美齊津康弘(みさいづ やすひろ)さんの実体験をつづったコミックエッセイ。BOOKウォッチでは、本書の「第1章 変わっていくお母さん」を4回に分けてお届けする。

1回目から読む

 仕事で多忙な父、部屋から出てこない兄、子育てに追われる姉、学校から帰って母の見守りをする僕。当時、頼れるのは身内だけ。僕たちは叔母の家に引っ越し、生活は一変した。お母さんはストレスに蝕まれ、困った行動が次第に増えていく。

 「どうしてよいかわからず この現実から逃げたいという思いが 強くなっていきました」
book_20221116064238.jpg
『48歳で認知症になった母』(原作:美齊津康弘、漫画:吉田美紀子)
book_20221116064333.jpg
book_20221116064349.jpg
book_20221116064405.jpg
book_20221116064421.jpg
book_20221116064436.jpg
book_20221116064449.jpg
book_20221116064506.jpg
book_20221116064520.jpg
book_20221116064535.jpg
book_20221116064547.jpg
book_20221116064559.jpg
book_20221116064614.jpg

次の話を読む


■美齊津康弘さんプロフィール
 1973年福井県出身。防衛大学卒業後、実業団のアメリカンフットボール選手として活躍し、日本一となる。幼少期ヤングケアラーとして過ごした経験をきっかけに、選手引退後は介護の道へ進む。現在はケアマネジャーとして働きながら、自ら開発したWEBシステム「えんじょるの」を使って、買い物弱者問題の解決に取り組んでいる。

■吉田美紀子さんプロフィール
 山形県出身。20代からマンガ家として主に4コマ誌で活躍。セカンドキャリアで介護の仕事を始める。著作に『40代女性マンガ家が訪問介護ヘルパーになったら』(双葉社)、『消えていく家族の顔』(竹書房)があり、SNSでも発信をしている。


※画像提供:KADOKAWA
(C)Yoshida Mikiko,Misaizu Yasuhiro/KADOKAWA


 
  • 書名 48歳で認知症になった母
  • 監修・編集・著者名美齊津 康弘 原作、吉田 美紀子 漫画
  • 出版社名KADOKAWA
  • 出版年月日2022年11月 2日
  • 定価1,210円(税込)
  • 判型・ページ数A5判・144ページ
  • ISBN9784046818065

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

アニメ・コミックの一覧

一覧をみる

書籍アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

漫画アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?