読むべき本、見逃していない?

「働く」に自由の翼を。「資本家」と「労働者」という図式では言い表せない、新たな働き方

PR
  • 書名 GIG WORK
  • 監修・編集・著者名長倉 顕太
  • 出版社名パンローリング
  • 出版年月日2021年1月 1日
  • 定価本体1,400円+税
  • 判型・ページ数オーディオブック
  • ISBN9784775987971

朝起きて身支度を整える。多くの人が乗り込む電車に自分も押し込まれ、目的の駅に着く。それだけで疲れたような気がするのに、業務でトラブルが発生しペコペコ頭を下げて対処に勤しむ。やっと就業時間がやってきても納期は待ってくれない。今日も残業して帰路につく。ビール片手に、スーパーの割引された総菜を流し込む。
自分の仕事がなんの役にも立ってないとは思わない。
それでも時々、自分の仕事は、いや、仕事してる自分ってなんなんだろうな、なんて自問自答してしまう。

「働く」に自由の翼を

上記のように、悶々と働くことに疑問を持っている人がいたとします。その疑問が、どこから発生しているかはわかりますでしょうか。
朝起きて毎日同じ目的地(会社)に向かうことでしょうか。今の業務内容では、自分の得意なことが活かしきれていないからでしょうか。もらえるお給料が足りないからでしょうか。上司や同僚との関係が良好ではないからでしょうか。
では、もしもこんな世界があったらどうでしょうか。起床時間は特に規定が無く、どんな場所で業務をしても良いのです。業務内容は自分がしたいことを中心に選ぶことができて、それに相応のお金がもらえるのだとしたら。働く場所が一定ではないので、職場の人間関係も気にならない程度だったら。
本音を言えばそんな世界に行きたい。もしそうなら、本オーディオブックの出番かも知れません。

選択肢の豊かさこそ、自由

現在、働き方の見直しが多くの人の間で始まっています。
個人の能力・時間をプロジェクトごとに使っていく、今までの「資本家」と「労働者」という図式では言い表せない、新たな働き方が GIG WORK(ギグワーク)なのです。著者のギグワーカーの定義を見てみましょう。

プロジェクトごとに参加したり、空き時間を使って参加したりなど、様々な形で会社員という形でなく労働することを指す。

著者は例えで、看護師が空き時間にウーバーイーツのドライバーをしたり、ライターとしてあるプロジェクトに参加したりすることを挙げています。
ひとつの会社、ひとつの選択肢の中で苦しんでいるのであれば、もしかするとこういったギグワーカーとしての働き方がマッチするかもしれません。ひとりの人に、肩書はひとつしか持ってはいけないなんてこと無いのです。
プロジェクトごとにライターをしながら、空き時間にオンラインで占い師をして、時々アプリでハンドメイド作品を販売する、なんて働き方もあるのです。現在の働き方でもがいているなら、人生の戦略を本オーディオブックで考え直してみませんか。


さらなる詳細は でじじ でもご覧いただけます。


YouTubeで GIG WORK をお試し聴き。


オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

パンローリング株式会社

パンローリング株式会社では、投資家向け専門書を始めとし、国内外を問わず上質で様々な書籍の翻訳出版、復刊をしております。耳で聴く本・オーディオブックでは、古くより自社他社問わず音声化に適した魅力的な書籍を選書・音声化しており、中でも児童書の品質・作品数は国内一を誇ります。今後も、ロングセラーから、ちょっとマニアックな物まで読者・リスナーの毎日を豊かにしていただくための作品作りを行って参ります。

記事一覧 公式サイト

パンローリング株式会社の一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?