読むべき本、見逃していない?

帰りましょう!

  • 書名 残業学
  • サブタイトル明日からどう働くか、どう働いてもらうのか?
  • 監修・編集・著者名中原淳 著/パーソル総合研究所 著
  • 出版社名光文社
  • 出版年月日2018年12月12日
  • 定価本体920円+税
  • 判型・ページ数新書判・336ページ
  • ISBN9784334043865

 今回ご紹介する本は、本の要約サービスを提供する株式会社フライヤーのプロモーションマネージャー・井手琢人(いで・たくと)さんがおススメする一冊、『残業学』(中原淳・パーソル総合研究所著/光文社新書)。

 当コラムは、ビジネスパーソンが「今、知りたい!」ニュースや情報を、広く・深く、そして楽しく「耳」に届けてくれる朝のラジオ番組『The News Masters TOKYO』(文化放送 AM1134/FM91.6 月~金 午前7時―9時)で、とりあげた本を紹介する。番組では、毎週火曜日の午前8時25分ごろから本の紹介コーナーを放送中。

 『残業学』は、2万人以上の大規模な調査を行い、あらゆる角度から徹底的に「残業」の実態を解明した本。「なぜ日本には長時間労働の慣習があるのか?」「どんな歴史を経て、長時間労働が当たり前になってしまったのか?」「そもそも残業は、なぜなくならないのか?」「長時間働いている人は、どんなことを考えて働いているのか?」など、色々な角度から「残業」を考えている本。
 『残業学』と聞いて、番組パーソナリティのタケ小山氏も「学問にしちゃった!」と、声を上げた。

いい事なしの「残業」

 まず、残業のリスクとして、過労死の問題やメンタルを損なう問題のある「健康のリスク」。長時間労働で疲れ切ってしまい、働いた後のヨガなどに全く時間が作れない、学ぶ時間が作れない「学びのリスク」。皆が残業しているから採用できない、人材育成もままならない、早期離職も出てしまう「経営側のリスク」。長時間労働する人しか働けない状況になっているので、当然の「労働力不足」など、色々な問題がある。

 タケ氏から、「ただ、日本でこれだけ長い間、残業残業って、働き方改革って法案まで作らなきゃやめないって言うんだから、何か良い事もあるからやっているのでは?学問にしたのだから両方の観点から論じてもらわないと」と、鋭い指摘が入る。
 それに対し、井手さんが「残業の文化を無くす為にどうしたらいいかということが書いてあるので。どうやったらなくせるようになるかという内容になっています」と答えると、「やっぱり残業が良いというロジックはないんだ...」と、少し残念そうなタケ氏。

 この本には、残業を減らす為の解決方法として、面白い表現で、『メスを入れる外科手術』、『じわじわっと効果が出る漢方治療』という言葉で具体的に説明されている。

 ここで、レギュラー出演者の楠木建氏(経営学者)にも意見をいただいた。「短い時間で同じ成果が出るのであれば、残業をなくすと言わず、もっと早く帰っちゃったっていいじゃないの。ただそれは、成果がきちんと出るのが前提。残業になる元も子もない理由として、やらなきゃいけない仕事の量に対して、配置されている人の数が足りないので、残業せざるを得ないという、割と人柱系の理由が多いように思う」と、楠木氏。
 タケ氏も「日本にありがちな、あの人が帰らないから私も帰れないみたいな、雰囲気による残業が多いんじゃない?」と言っていたが、なんと本の中に、雰囲気による理由の事も書いてあった!今日のタケ氏は冴えている!

 井手さんによると、フライヤーの代表である大賀康史さんも、今月本を出したばかり。自由国民社から出版された本で、タイトルが『最高の組織』。この「最高の組織」とは、フライヤーのことを言っているそう。「最高の組織」だと思います!と自画自賛する井手さん。まさに、フライヤーには残業がないという!
 残業については、タケ氏も「一回、試してみたらいいんだ。5時にバチンとタイムカード押して。帰っちゃえばいいんだ。いきなり風潮が変わっちゃうかもしれない。今日これを聴いている人!特にあなた!残業が好きなあなた!あなたに言っているのよ!」と、呼びかけた。
 つられて井手さんも「帰りましょう!」と呼びかけた。

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

株式会社文化放送

ゴルフ解説者のタケ小山さんがゴルフマネジメントで培った独自の視点でニュースを深堀りするラジオ番組「The News Masters TOKYO」と「BOOKウォッチ」 がコラボレーション。
ラジオ番組内コーナーの「トレンドマスターズTOKYO」(8:25~8:30)で毎週火曜日にお届けする本の話題を中心に、同僚や友人、家族に思わず話したくなる情報をコラム形式でお届けします。

「The News Masters TOKYO」(月)~(金)AM7:00~9:00
文化放送にて生放送!(AM1134/FM91.6/radiko.jp)

http://radiko.jp/#QRR

記事一覧 公式サイト

ザ・ニュースマスターズ東京で紹介の本の一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?

sub