読むべき本、見逃していない?

知識を得るのに役立つのがビジネス書!

  • 書名 the four GAFA 四騎士が創り変えた世界
  • 監修・編集・著者名スコット・ギャロウェイ 著 / 渡会圭子 訳
  • 出版社名東洋経済新報社
  • 出版年月日2018年7月27日
  • 定価本体1,800円+税
  • 判型・ページ数480ページ
  • ISBN9784492503027

 今回は、本の要約サービスを提供する株式会社フライヤーのプロモーションマネージャー、井手琢人(いで・たくと)さんにお越しいただき、ニュースマスターズも協力している「読者が選ぶビジネス書グランプリ2019」の結果発表と、総合グランプリ受賞作も紹介していただいた。

 当コラムは、ビジネスパーソンが「今、知りたい!」ニュースや情報を、広く・深く、そして楽しく「耳」に届けてくれる朝のラジオ番組『The News Masters TOKYO』(文化放送 AM1134/FM91.6 月~金 午前7時―9時)で、とりあげた本を紹介する。番組では、毎週火曜日の午前8時25分ごろから本の紹介コーナーを放送中。

 ビジネスパーソンが「今読むべき本」を選出するコンテスト「読者が選ぶビジネス書グランプリ2019」。4回目となる今年は、規模も大きくなり、投票数が昨年の2.5倍となり、大変な盛り上がりをみせた。

「ビジネス書グランプリ2019」結果発表!

<総合グランプリ>(上位3冊を書名だけご紹介!)
3位 『学びを結果に変えるアウトプット大全』 
2位 『1分で話せ』
1位 『the four GAFA 四騎士が創り変えた世界』

<各部門賞>(1位のみご紹介!)
イノベーション部門 『破天荒フェニックス』
マネジメント部門 『ティール組織』
自己啓発部門 『前祝の法則』
政治経済部門 『the four GAFA 四騎士が創り変えた世界』
リベラルアーツ部門 『ホモデウス』
ビジネス実務部門 『1分で話せ』

 総合グランプリ受賞作の『the four GAFA 四騎士が創り変えた世界』(スコット・ギャロウェイ著/東洋経済新報社)は、何故、ビジネスパーソンの心をつかんだのか?

 昨年の流行語大賞にもノミネートされた「GAFA」。Google、Apple、Facebook、Amazonという世界で最も影響力があるといわれるIT企業の四騎士のお話で、これらの企業と関わりなく過ごしている人はいないに等しく、また今後この四騎士は、どの方向に進むのか...といった、読みたくなる内容がまとめられている。  内容について、井手さんが「文体が、ビジネス書というよりは、割と独特な、皮肉たっぷりの文体で、面白く読める一冊」と説明すると、レギュラー出演者の楠木建氏も、「僕も言い回しがいいなと思いました」と、同意する感想を述べた。

 この本を読んだという番組アシスタントの西川アナは、四騎士の凄さはわかるが、それを日々の自分のビジネスにどう活かせば良いかがわからなかったそう。そんな時、7時台ニュースマスターの佐々木俊尚さんの言葉で、西川アナも納得できたという。佐々木さん曰く「ビジネスで色々な選択をする時には、自分の背景には壮大な知識が必要になる。その情報を得るのに役立つのがビジネス書だ」と。それを聞いた井手さんは、「良いこと言った!さすが!」と興奮気味。
 番組パーソナリティのタケ小山氏も「知識ってそういうことなんだね」と締めくくった。

 「今読むべき本」を選出するコンテスト「読者が選ぶビジネス書グランプリ」より、総合グランプリに輝いたこの本。読者が選んだというだけあり、まさに今読むべきであること間違いなし!
 まだ読んでいないという方は、是非チェックを!

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

株式会社文化放送

ゴルフ解説者のタケ小山さんがゴルフマネジメントで培った独自の視点でニュースを深堀りするラジオ番組「The News Masters TOKYO」と「BOOKウォッチ」 がコラボレーション。
ラジオ番組内コーナーの「トレンドマスターズTOKYO」(8:25~8:30)で毎週火曜日にお届けする本の話題を中心に、同僚や友人、家族に思わず話したくなる情報をコラム形式でお届けします。

「The News Masters TOKYO」(月)~(金)AM7:00~9:00
文化放送にて生放送!(AM1134/FM91.6/radiko.jp)

http://radiko.jp/#QRR

記事一覧 公式サイト

ザ・ニュースマスターズ東京で紹介の本の一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?

sub