読むべき本、見逃していない?

「子供はお金の話は知らなくていい」は、もう古い!

  • 書名 いま君に伝えたいお金の話
  • 監修・編集・著者名村上世彰 著
  • 出版社名幻冬舎
  • 出版年月日2018年9月 6日
  • 定価本体1200円+税
  • 判型・ページ数 B6判・190ページ
  • ISBN9784344033597

 今回は、楽天ブックスの書籍チームから大友渓(おおとも・けい)さんにお越しいただき、楽天ブックスの今年の年間ランキングTOP10を紹介してもらいつつ、おススメの一冊も紹介していただいた。

 当コラムは、ビジネスパーソンが「今、知りたい!」ニュースや情報を、広く・深く、そして楽しく「耳」に届けてくれる朝のラジオ番組『The News Masters TOKYO』(文化放送 AM1134/FM91.6 月~金 午前7時―9時)で、とりあげた本を紹介する。番組では、毎週火曜日の午前8時25分ごろから本の紹介コーナーを放送中。

楽天ブックス年間ランキングTOP10は、こちら!

 1位 『頭に来てもアホとは戦うな!』(田村耕太郎/朝日新聞出版)
 2位 『お金2.0(佐藤航陽/幻冬舎)』
 3位 『さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版』(トム・ラス/日本経済新聞出版社)
 4位 『未来の年表 人口減少日本でこれから起こること』(河合雅司/講談社新書)
 5位 『1分で話せ』(伊藤羊一/SBクリエイティブ)
 6位 『お金は寝かせて増やしなさい』(水瀬ケンイチ/フォレスト出版)
 7位 『会社四季報の達人が教える10倍株・100倍株の探し方』(渡部清二/東洋経済新報社)
 8位 『いま君に伝えたいお金の話』(村上世彰/幻冬舎)
 9位 『はじめての人のための3000円投資生活』(横山光昭/アスコム)
 10位 『行動経済学まんが ヘンテコノミクス』(佐藤雅彦・菅俊一/マガジンハウス)

 「お金の本が多いんだね、今年は」と、番組パーソナリティのタケ小山氏が気付いた。
その中で、大友さんがおススメする一冊は、やはりお金の本、8位の『いま君に伝えたいお金の話』(村上世彰/幻冬舎)。

 著者は、あの村上ファンドの創設者・村上世彰(むらかみ・よしあき)さん。村上さんは、今後の日本の為には、資金の循環が必要だと考え、日本における投資教育をライフワークにしていこうと、中高生向けに投資の教科書として書かれた本。
 タケ氏も「子供にお金の回り方を教えるのは、いいことだと思う」と、同意。

 どうしても「お金儲け」と聞くと、汚い・ずるい・いやしいなどのネガティブなワードが頭に浮かんでしまうが、決してお金は悪しきものではなく、ただの道具だから、うまく使っていくといい、ということを教えてくれている。

 大友さんが特に良かったと感じたのは、「最後のビフテキ」というエピソード。村上さんが小学三年生の時に、父親が香港への大きな投資を決断したタイミングで、「これが最後のビフテキになるかもしれない。俺は大勝負に出る」と宣言したことがあり、子供だった村上さんが大きな不安を感じる話がある(投資の結果は、ぜひ本を読んでいただきたい!)。
 日頃から、親から仕事やお金の話を聞いて育っていくのが、いかに大切かということを感じさせるエピソードだ。

 TOP10にランクインするだけあり、自信を持っておススメできる本。
 もちろん中高生だけではなく、むしろ大人にも読んでもらいたい一冊。


オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

株式会社文化放送

ゴルフ解説者のタケ小山さんがゴルフマネジメントで培った独自の視点でニュースを深堀りするラジオ番組「The News Masters TOKYO」と「BOOKウォッチ」 がコラボレーション。
ラジオ番組内コーナーの「トレンドマスターズTOKYO」(8:25~8:30)で毎週火曜日にお届けする本の話題を中心に、同僚や友人、家族に思わず話したくなる情報をコラム形式でお届けします。

「The News Masters TOKYO」(月)~(金)AM7:00~9:00
文化放送にて生放送!(AM1134/FM91.6/radiko.jp)

http://radiko.jp/#QRR

記事一覧 公式サイト

ザ・ニュースマスターズ東京で紹介の本の一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?