読むべき本、見逃していない?

盤面を長方形に切っていくパズル「四角に切れ」を心ゆくまで楽しめます。

PR
  • 書名 ペンシルパズル選書 四角に切れ 1
  • 監修・編集・著者名ニコリ
  • 出版社名ニコリ
  • 出版年月日2020年2月10日
  • 定価本体1,100円+税
  • 判型・ページ数四六判・128ページ
  • ISBN9784890722747
  • CコードC0076
「パズル通信ニコリ」にレギュラー掲載されているパズル、「四角に切れ」だけを、心ゆくまで楽しめる単行本です。四角に切れは、盤面を長方形に切っていくパズルで、九九を覚えた小学生にも人気です。本書にはやさしいものから難しいものまで130問を収録。ニコリに最近投稿されて来た新鮮な作品ばかりを掲載しています。また、おまけとして過去の名作四角に切れも掲載。数独だけじゃない、多種多様なニコリのパズルを、このシリーズでお楽しみください。

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

(株)ニコリ

・ニコリ
鍜治 真起が率いるパズル制作集団。
・鍜治 真起
1951年北海道札幌市生まれ。都立石神井高校卒。慶應義塾大学国文科中退。
印刷会社へ就職し、営業として働くかたわら、1980年に日本初のパズル専門誌「パズル通信ニコリ」を創刊。1983年、株式会社ニコリを設立、代表取締役社長に就任。2005年、「数独」が世界的ブームとなり、新聞、テレビ、雑誌など多くのマスコミに紹介される。
海外では「数独の父(The Godfather of Sudoku)」と呼ばれ、すでに40カ国以上の国を訪問。パズルを通じて国と国を結ぶ親善大使の役割を使命としている。

記事一覧 公式サイト

(株)ニコリの一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?