本を知る。本で知る。

\いま話題の「眼」の筋トレ『ビジョントレーニング』/

PR
こんなお悩み、ありませんか?

・数字や文字の見落としが多く、間違いに気づかない
・書類の整理が苦手で、部屋の片づけも進まない
・料理や手芸など細かい作業が苦手
・スケジュール管理が苦手
・仕事で微妙なニュアンスの指示が読み取れない ‥etc.

こうした日常の「生きづらさ」がときに発達障害と言われることもあります。

これらのお悩みの原因は、実はあなたの「眼(視機能)」にあるかもしれません。

本書は延べ2万人以上の発達障害克服に向き合ってきた著者による、大人のための視機能改善トレーニング法「ビジョントレーニング」をまとめた本です。

ビジョントレーニングは1日5分!毎日忙しい人でも大丈夫。

本書を読んで実践すれば、日常の「生きづらさ」も改善し、人生がさらに充実していきます!

book_20210902105112.jpg
book_20210902105135.jpg
book_20210902105157.jpg
book_20210902105217.jpg

1章・ビジョントレーニングで高められる7つのサバイバル力
2章・サバイバル力を高める7つのビジョントレーニング
3章・あなたの生きづらさは「眼」が原因かもしれない
4章・「視機能」を鍛えれば、いまよりもっと生きやすくなる
5章・ビジョントレーニング基礎編/まずは「眼の現在位置」を確認しよう
6章・ビジョントレーニング応用編/1日5分!視機能を鍛えるビジョントレーニング

=本書の紹介動画=




【著者紹介】小松佳弘(こまつ・よしひろ)
ビジョンアセスメントトレーナー。早稲田大学人間科学部卒業後、視機能に関する専門知識を学んだのち、2010年、視力ではなく視機能そのものを向上させる「ビジョントレーナー」として活動を開始。現役プロ野球選手や卓球選手からADHD、アスペルガー、学習障害を始めとする「発達障害」と呼ばれる児童までのべ2万人以上と向き合い、指導をおこなってきた。自身の幼少期における「発達障害グレーゾーン」の克服経験から、当事者目線を重視したトレーニング内容に定評があり、いまも全国各地の小中学校やデイケアセンター、スポーツチームから依頼が殺到している。現在、ビジョントレーニングをより深く追究するため、筑波大学大学院人間総合科学研究群体育学学位プログラム博士課程に在籍中。ビジョントレーナーの養成講座も展開している。

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

株式会社実務教育出版

実務教育出版は、職業を通した自己実現やキャリアアップ、生涯学習を中心コンセプトに、出版活動を展開しております。公務員試験問題集・情報誌をはじめ、就職・資格試験対策書、自己啓発・ビジネス書、教育・学習参考書、生活実用・教養・語学など多彩な出版物を発行し、電子書籍にも取り組んでおります。今後も多岐にわたる分野に挑戦してまいります。

記事一覧 公式サイト

株式会社実務教育出版の一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?