本を知る。本で知る。

思春期男子の親御さんに今こそ伝えたいこと。

PR
  • 書名 男の子の「自己肯定感」を高める育て方
  • サブタイトル世界を生き抜く力は思春期に伸びる!
  • 監修・編集・著者名柳沢 幸雄 著
  • 出版社名実務教育出版
  • 出版年月日2019年12月 2日
  • 定価本体1,300円+税
  • 判型・ページ数4-6判・199ページ
  • ISBN9784788919617
  • CコードC0037

思春期は、お子さんの「自己肯定感」を大きく成長させる"最後のチャンス"なのです。

日本の高校生は世界一です。しかし、そこから先は海外の学生に抜かれていきます。それには「自己肯定感」が大きく関係しているのです。その一番大きな環境要因は、やはり親です。
「自己肯定感」は遺伝でも何でもなく、育った環境によって培われます。お子さんが大人になると、自己肯定感の高い世界各国の人たちと肩を並べて生きていかなければなりません。
男子教育のスペシャリストである開成の元校長先生が、ハーバード大、東大で長年教鞭を取ってきた経験から、日本人の「自己肯定感」をマクロ視点で分析。男の子の「自己肯定感」の高め方、将来を見据えた思春期男子の育て方をロジカルに語る!
第1章 なぜ、日本人の「自己肯定感」はこれほど低いのか?
第2章 思春期男子の「自己肯定感」
第3章 男の子の「自己肯定感」の高め方
第4章 男の子のポテンシャルを伸ばす育て方
●「自己肯定=自慢」という文化へ挑む
男の子1.jpg
日本人は親から「謙譲の文化」を受け継いでいます。しかし、海外と肩を並べていかなければならない時代に生きて行くお子さんは、「自己肯定感」を表現しないわけにはいきません。

●「褒める」は親の価値観を伝えること
男の子2.jpg
「褒める」は、親が望ましいと思うことをお子さんに示す行為です。改善点があるとしても、まず褒めてから、1点だけアドバイスするにとどめましょう。

●成長するまでの準備期間に声をかける
男の子3.jpg
親ができるのは、つらい準備期間に「ここを踏ん張れば、目に見える成長が起きる」と口に出して伝えることです。そこを乗り越えた成功体験は必ず「自己肯定感」につながります。



★女の子のお子さんがいらっしゃる方には、こちらの本がおすすめです!

女の子の「自己肯定感」を高める育て方


【著者紹介】柳沢 幸雄(やなぎさわ・ゆきお)
1947年生まれ。北鎌倉女子学園学園長。開成高等学校、東京大学工学部化学工学科卒業。71年、システムエンジニアとして日本ユニバック(現・日本ユニシス)に入社。74年退社後、東京大学大学院工学系研究科化学工学専攻修士・博士課程修了。ハーバード大学公衆衛生大学院准教授、併任教授(在任中ベストティーチャーに複数回選出)、東京大学大学院新領域創成科学研究科教授を経て2011年より現職。シックハウス症候群、化学物質過敏症研究の世界的第一人者。自身も2人の男子を育て、小学生から大学院生まで教えた経験を持つ。主な著書に『母親が知らないとヤバイ「男の子」の育て方』(秀和システム)、『東大とハーバード世界を変える「20代」の育て方』(大和書房)などがある。

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

株式会社実務教育出版

実務教育出版は、職業を通した自己実現やキャリアアップ、生涯学習を中心コンセプトに、出版活動を展開しております。公務員試験問題集・情報誌をはじめ、就職・資格試験対策書、自己啓発・ビジネス書、教育・学習参考書、生活実用・教養・語学など多彩な出版物を発行し、電子書籍にも取り組んでおります。今後も多岐にわたる分野に挑戦してまいります。

記事一覧 公式サイト

株式会社実務教育出版の一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?