読むべき本、見逃していない?

ポストコロナの新しい価値「バカという生き方」を語る、異端の書がここに誕生!

PR
  • 書名 バカという生き方
  • サブタイトル正解のない世界を楽しむチカラ
  • 監修・編集・著者名和田 秀樹 著
  • 出版社名実務教育出版
  • 出版年月日2020年9月18日
  • 定価本体1,400円+税
  • 判型・ページ数4-6判・246ページ
  • ISBN9784788925137
  • CコードC0030

ベストセラー連発の精神科医が語る、人生を豊かにする「バカという生き方」

SNSで渦巻く誹謗中傷、コロナの影響でかつてないほどに高まる不安。そんな世界で、ありのままに自分らしく生きるためにはどうしたらいいのか?
答えは、「バカという生き方」にあります。

自分にとってバカだと思える人でも、単純に自分とは物の考え方が違うだけのことが多い。異論を排除、拒否しないで、自分の考え方が柔軟になる方が、相手をバカにするよりハッピーだ。世間からバカと呼ばれ、常識にとらわれない人たちが歴史の歯車を回してきたのだ。

本当に優秀な人は、人をバカにしない。他人を否定し、バカと罵倒するのは劣等感の心理です。そんなマイナスの感情から離れ、自己肯定感を高める考え方とは!?
精神科医としての知識や人生経験から導き出されたバカの効用と、考え方を提言!
1章 バカの効⽤  目の前の世界を変えていくチカラ
2章 バカと劣等感 「バカ」呼ばわりは損をするだけ
3章 バカの知恵  変えられるところから変える
4章 バカの楽しみ 「小さな度胸試し」で正解のない世界を楽しむ
=本書の紹介動画=
バカmini.jpg
バカという生き方(Amazonへリンク)
【著者紹介】和田秀樹 (わだ・ひでき)
1960年大阪府生まれ。東京大学医学部卒。東京大学医学部付属病院精神神経科助手、米国カール・メニンガー精神医学学校国際フェローを経て、現在は精神科医。国際医療福祉大学大学院教授(臨床心理学)。和田秀樹こころと体のクリニック院長。一橋大学経済学部非常勤講師。川崎幸病院精神科顧問。1998年、2003年に日本人で初めて、米国最大の精神分析学派である自己心理学の国際年鑑『Progress in Self Psychology』に論文が掲載される。劇映画初監督作品の『受験のシンデレラ』が、2007年モナコ国際映画祭で最優秀作品賞受賞。

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

株式会社実務教育出版

実務教育出版は、職業を通した自己実現やキャリアアップ、生涯学習を中心コンセプトに、出版活動を展開しております。公務員試験問題集・情報誌をはじめ、就職・資格試験対策書、自己啓発・ビジネス書、教育・学習参考書、生活実用・教養・語学など多彩な出版物を発行し、電子書籍にも取り組んでおります。今後も多岐にわたる分野に挑戦してまいります。

記事一覧 公式サイト

株式会社実務教育出版の一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?