読むべき本、見逃していない?

国家公務員と国立大学法人の人事・採用担当を15年務めた私が思うこと

PR

面接の基本がわかれば、「人物重視」も怖くない!

ありそうでなかった、シンプルなアドバイスをわかりやすく凝縮した面接本です。公務員受験を考え始めたばかりの人から、来週が本番という直前期の人まで使えます。

国家公務員と国立大学法人の人事・採用担当を15年務めた私が思うこと。
多くの受験者が行っている面接対策には、大きな誤解があるのです。
模範回答の丸暗記も、目立とうとする無理なアピールもやめましょう。
「自分の部下にしたい」「職場にフィットして活躍してくれそう」と面接官に思わせるコミュニケーションの基本を、シンプルにお教えします。
面接が不安な地味キャラのあなたも、きっと自信がつくはずです。

たとえばこんな点を解説......

●面接カードの項目を「三大質問(ガクチカ・自己PR・志望動機)」に分類して考える
●15の典型質問について「面接官の本音=実はこれが知りたい」を分析
●ありがちな普通のネタを「グッと伝わる」回答に展開するコツ
●「スペック」「コミュ力」「メンタル」に自信がない人はどうすればよい?
●「リセット方式」「プレゼン面接」「官庁訪問」「集団討論」などへの備えは?

他の面接本とはココが違う!

◎「コミュ力に自信がなく、非リア充なので、面接が苦手すぎてツライ......」と思っている多くの公務員受験生の気持ちに徹底的に寄り添いました
◎「意識高すぎる合格回答例」や「ダメダメすぎる不合格回答例」ではなく、同じネタでも着眼点や伝え方を変えて、バージョンアップできる実例を掲載しています
◎「公務員の仕事」「働くことの意味」「考え方・書き方・話し方」を考えるオススメ本も紹介
◎地方上級(行政系)試験の面接試験の概要(何次でどの形式[個別/集団]、最終合格者の決定方法[総合得点/リセット])を見やすく一覧表にまとめました
◎自治体別の実際質問例は掲載していません、スミマセン! 他の本でご覧ください

目次

Chapter1 面接は対人コミュニケーション

Chapter2 これから始める自己分析と仕事研究

Chapter3 面接カードは合格へのシナリオ作り

Chapter4 典型質問・面接官に伝わる回答Before→After

Chapter5 自分の弱みを知り、不安を自信に変える

Chapter6 人物重視面接の最新トレンドを知る


【著者紹介】後藤 和也(ごとう・かずや)
山形県立米沢女子短期大学講師。人事院東北事務局、国立大学法人東北大学で人事・採用の担当者として15年勤務。そのかたわら、産業カウンセラーやキャリアコンサルタント等の資格を取得。実務経験を活かして2018年より現職に転身。専門はキャリア教育、人材マネジメント、人事・労務政策。複数のウェブメディアに「働き方」に関する署名記事を寄稿するほか、自身のブログやFacebookで積極的に情報発信を行っている。

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

株式会社実務教育出版

実務教育出版は、職業を通した自己実現やキャリアアップ、生涯学習を中心コンセプトに、出版活動を展開しております。公務員試験問題集・情報誌をはじめ、就職・資格試験対策書、自己啓発・ビジネス書、教育・学習参考書、生活実用・教養・語学など多彩な出版物を発行し、電子書籍にも取り組んでおります。今後も多岐にわたる分野に挑戦してまいります。

記事一覧 公式サイト

株式会社実務教育出版の一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?