読むべき本、見逃していない?

コミュニケーション、問題解決、目標実現のスキルを身につけたいあなたへ

PR
  • 書名 脳と言葉を上手に使う NLPの教科書
  • 監修・編集・著者名前田 忠志 著
  • 出版社名実務教育出版
  • 出版年月日2012年3月22日
  • 定価本体1,400円+税
  • 判型・ページ数4-6判・286ページ
  • ISBN9784788907980
  • CコードC0011

天才たちのスキルでなりたい自分になる

NLP(神経言語プログラミング)は、 コミュニケーション、問題解決、目標実現のためのスキルです。
NLPのスキルが身についていると、「他者とよい関係を築きたい」「自分の悩みを解消したい」「夢や目標を実現したい」というようなとき、とてもスムーズになります。

本書は、NLPの入門書です。読みやすい縦書きの2色刷りで、ツボを押さえた図解もあるため、標準的なスキルの基本をすばやく学べます。

目次

Part1 NLPとは
NLPは新しい自分になるための"道具箱"
NLPはここからはじまる(NLPの前提)
できないことも学習(学習の4段階)

Part2 人の心を開く
打ち解けた雰囲気をつくる(ラポール)
相手の状態を見極める(キャリブレーション)
五感の使い方は人によって違う(表象システム)
COLUMN なぜ、力士のインタビューはぎこちないのか?
目の動きでわかる(アイ・アクセシング・キュー)

Part3 人とうまく関わる
質問で気づきをうながす(メタモデル)
ピンチをチャンスに変える(リフレーミング)
他人の立場で考える(知覚位置)

Part4 人を導く
心のフィルターに合わせて話す(メタプログラム)
COLUMN 自分の人生の専門家になる
無意識のリソースを引き出す(ミルトンモデル)

Part5 行動や感情を変える
やり方を変えて結果を変える(ストラテジー)
自分の状態をコントロールする(アンカリング)
COLUMN 寝室では仕事をしない
気持ちの強弱が思いのまま(サブモダリティ)
何を見ても大丈夫(スウィッシュ)
恐怖反応を消す(恐怖症の解消)
時間を味方につける(タイムライン)

Part6 嫌いな自分を変える
嫌いな自分にはワケがある(肯定的意図)
COLUMN 全力を出すことへの恐怖
「またやっちゃった」を終わりにする(6ステップ・リフレーミング)
葛藤を統合する(ビジュアル・スカッシュ)

Part7 夢をかなえる
実現する目標を立てる(8フレーム・アウトカム)
ワクワクする夢が見つかる(ディズニー・ストラテジー)
達人のやり方をものにする(モデリング)
自分を統一する(ニューロ・ロジカル・レベル)


◆目次見本はこちら

◆ページ見本はこちら

【著者紹介】前田 忠志(まえだ・ただし)
米国NLP協会認定トレーナー、NLPコミュニケーションスクール(東京・飯田橋)代表。1971年生まれ。東京大学経済学部卒。日本興業銀行(現みずほフィナンシャルグループ)にて、融資業務、主計業務、統合業務に従事した後、コンサルティング会社を経て独立。公認会計士。NLPは創始者リチャード・バンドラーに師事。ジョン・グリンダー、ロバート・ディルツ、マイケル・ホール、リチャード・ボルスタッド、クリスティーナ・ホールらからも学ぶ。楽しくてわかりやすい教え方に定評がある。

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

株式会社実務教育出版

実務教育出版は、職業を通した自己実現やキャリアアップ、生涯学習を中心コンセプトに、出版活動を展開しております。公務員試験問題集・情報誌をはじめ、就職・資格試験対策書、自己啓発・ビジネス書、教育・学習参考書、生活実用・教養・語学など多彩な出版物を発行し、電子書籍にも取り組んでおります。今後も多岐にわたる分野に挑戦してまいります。

記事一覧 公式サイト

株式会社実務教育出版の一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?