読むべき本、見逃していない?

「愛の吊り橋効果」は使ってはいけない!? 心理学で、恋の重み、愛の深さを測ってみませんか?

PR
  • 書名 恋愛の科学
  • サブタイトル出会いと別れをめぐる心理学
  • 監修・編集・著者名越智 啓太 著
  • 出版社名実務教育出版
  • 出版年月日2015年7月14日
  • 定価本体1,400円+税
  • 判型・ページ数4-6判・269ページ
  • ISBN9784788914858
  • CコードC0011

あなたにも役立つ恋愛研究の最前線を解説。愛のスタイルを測定する「心理尺度」付き。


♥恋愛偏差値・尊敬偏差値・友情偏差値を知る
♥女性を美しく見せる「ロマンティックレッド」
♥「愛の吊り橋効果」の種明かし
♥イケメンの前では少食になる戦略的自己呈示
♥上手な別れ方・失恋からの立ち直り方
♥デートバイオレンス・ストーカー予備軍の見分け方
♥愛のスタイルを測定する「心理尺度」をやってみよう!
面食い尺度/ひとめぼれ傾向尺度/恋愛結晶化尺度/監視要求尺度/失恋反芻傾向尺度/恋愛妄想傾向尺度/女性蔑視評定尺度/...


目次

第1章 愛を測定し診断する心理学
第2章 モテるための心理学
第3章 恋に落ちる過程の心理学
第4章 告白と両思いを成就する心理学
第5章 恋は盲目の心理学
第6章 愛が壊れていく過程の心理学
第7章 好きなのに傷つける理由の心理学


【著者紹介】越智 啓太(おち・けいた)
法政大学文学部心理学科教授。1965年生まれ。学習院大学大学院人文科学研究科心理学専攻修了。警視庁科学捜査研究所研究員などを経て現職。臨床心理士。専門は犯罪捜査への心理学の応用。著書は『犯罪捜査の心理学』『つくられる偽りの記憶』(以上、化学同人)、『ケースで学ぶ犯罪心理学』(北大路書房)、『Progress & Application 犯罪心理学』(サイエンス社)、『美人の正体』(実務教育出版)、『心理学の「現在」がわかるブックガイド』(実務教育出版、共著)、『法と心理学の事典』(朝倉書店、編著)など、入門書から専門書まで多数。テレビ・映画等メディアでも、犯罪心理学や社会心理学の観点から多くの人気ドラマ監修、コメント出演を行う。

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

株式会社実務教育出版

実務教育出版は、職業を通した自己実現やキャリアアップ、生涯学習を中心コンセプトに、出版活動を展開しております。公務員試験問題集・情報誌をはじめ、就職・資格試験対策書、自己啓発・ビジネス書、教育・学習参考書、生活実用・教養・語学など多彩な出版物を発行し、電子書籍にも取り組んでおります。今後も多岐にわたる分野に挑戦してまいります。

記事一覧 公式サイト

株式会社実務教育出版の一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?