読むべき本、見逃していない?

親が子どもにすすめたい仕事No.1はやっぱり公務員!

PR
  • 書名 わが子に公務員をすすめたい親の本
  • サブタイトル就活生の親がやるべきこと、やってはいけないこと
  • 監修・編集・著者名寺本 康之 著
  • 出版社名実務教育出版
  • 出版年月日2018年6月27日
  • 定価本体1,300円+税
  • 判型・ページ数4-6判・223ページ
  • ISBN9784788977617
  • CコードC0030

子どもにすすめたい仕事No.1。親の一言ですべてが始まる!?イマドキ大学生を本気にさせるアドバイスが満載!

今まさに公務員試験が変わりつつあります。昔と違って、親の出る幕が大いにあります。
採用側も親へのアピールに力を入れるようになってきました。
わが子に公務員になってほしいと思う親にとっては、大きなチャンス到来! 親子で公務員試験を乗り越えてください!

目次

序章 今まさに公務員試験が変わりつつある
・親向けの説明会が増えている!
・親子で公務員試験を乗り越える?!
・近年は「人物重視」の流れに
・親の力が必ず必要になる
[チェックリスト]あなたはどっち? 成功する親と失敗する親
・今の公務員試験は昔とは違う!
・誰にでもチャンスがある試験
・総合力が試される
【コラム】筆記試験の負担減がトレンド

第1章 公務員はこんなにいい職業だ!
・貢献意欲を満たす仕事
・絶対的な安定
・ずっと働きたい女性にオススメ
・自分の時間が欲しい人にもオススメ
・低い離職率
【コラム】公務員よ、趣味を持て
・高い社会的ステータス
・職務内容の幅広さ
【コラム】公務員になった先輩たちのリアルな感想
・公務員と民間との違い
[チェックリスト]わが子は公務員に向いている?

第2章 成功する親、失敗する親の違い
・信頼の気持ちとその伝え方
・学生は大人のような子ども
・子どもへの最初のアドバイスはこれ!
・親のタイプ別に見る関与のしかた
・親の心得三か条
・場面別の関与のしかた
・実際子どもは何に感謝しているのか?
・子どもと離れて暮らしているときは?
【コラム】公務員を育てた親たちの声

第3章 知っておきたい公務員試験のウソ・ホント
・国家公務員よりも地方公務員のほうが人気?
・公務員をめざす子の親は公務員が多い?
・社会人は公務員試験に受かりにくい?
【コラム】転職先として人気の公務員
・公務員試験に学歴は関係ない?
・公務員試験はほかの資格試験に比べて難しい?
・学生は学業との両立が大変?
・学部によって有利不利がある?
・民間との併願がはやっている?
・公務員試験は情報戦?
・予備校、学内講座、独学ではどれがいい?
・多くの学生が大学3年生の春から勉強し始める?
・アルバイトはやっておいたほうがいい?
【コラム】現場の声 ~都庁ってこんなだよ~

第4章 親が知っておくべき筆記試験のポイントと戦略
・筆記試験における過去問の重要性
・公務員試験に合格できる人の特徴
・教養試験の概要と戦略
・専門試験の概要と戦略
【コラム】マークシート式(五肢択一式)でミスが増えるカラクリ
・論文試験対策のポイント
・論文試験対策での親の出番
・よい参考書とは?
【コラム】合格者のタイプ

第5章 親子でできる人物試験対策
・民間企業の面接とはどこが違うのか?
・「面接は見た目が9割」と言うが......
・第一印象をよくするためには
・面接対策としてやるべきこと
・面接カードの重要性
・親の面接試験へのかかわり方
・人物試験の種類とポイント


【著者紹介】寺本 康之(てらもと・やすゆき)
全国各地の大学生協講座、東京法経学院、公務員予備校EYE等で講師を務める。法律系科目、行政系科目、論文対策、面接対策など幅広く担当。「公務員試験 受験ジャーナル」にも多数の記事を執筆している。著書に『寺本康之のザ・ベストプラス』4部作(憲法、行政法、民法Ⅰ・Ⅱ<エクシア出版>)等。市川うららFM「お笑い芸人ぶそんのラジオ100%」にも出演中。

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

株式会社実務教育出版

実務教育出版は、職業を通した自己実現やキャリアアップ、生涯学習を中心コンセプトに、出版活動を展開しております。公務員試験問題集・情報誌をはじめ、就職・資格試験対策書、自己啓発・ビジネス書、教育・学習参考書、生活実用・教養・語学など多彩な出版物を発行し、電子書籍にも取り組んでおります。今後も多岐にわたる分野に挑戦してまいります。

記事一覧 公式サイト

株式会社実務教育出版の一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?