本を知る。本で知る。

4年で5医院まで拡大させた理事長が教える、クリニック経営において最も大切なこと。

PR
  • 書名 クリニック経営のための最高の人材育成
  • 監修・編集・著者名小暮 裕之
  • 出版社名クロスメディア・パブリッシング
  • 出版年月日2021年5月28日
  • 定価本体1,780円+税
  • 判型・ページ数215ページ
  • ISBN9784295405368
  • CコードC2034
毎度通院する度、受付や看護師が変わる医院。
「この病院、人がよくかわるな」「また同じ説明しないといけない」
医院に関わらず、人の移り変わりが多い所には不安感や不信感が生じます。

仕事を辞めたいと感じる時はたくさんの理由がある中で、
例えば、給料が見合わないと思う時や
上司や同僚と馬が合わない時があげられるかと思います。

経営する為に大切なのは、スタッフが自分の意見を言える環境かどうかという事。
一例として、ボスのような存在は部下を支配すると言います。
また一方で、リーダーのような存在は部下の熱意を引き出し導いてくれるのです。

誰しも最初から完璧なリーダーになる事は難しく、失敗する事はあると思います。
自分自身が周りの意見や熱意に気づき、影響する。
そして、自分の意見や熱意も周りに影響ししっかり伝わっていくことが出来れば
最高の人材を育成する事ができるのかもしれません。

著者の小暮氏は離職率が増加した失敗などを経て、組織変革、人材育成に取り組み、来院者数300%アップ、医院数も順調に拡大させてきました。
人材育成のポイントは、「一人ひとりのスタッフとの信頼」「リーダー自身の考え方」だと話します。
今回は著者がたどり着いた人材教育の考え方、実際の部下との接し方などをまとめました。
コーチングの手法などもなるべく、現場で活用できる形でわかりやすく伝えています。

≪もくじ≫
1章 幾多の失敗から学んだ、リーダーとしての「考え方」
5000万円の損失を出した経験から学んだこと
・20名のスタッフが離れていった「暗黒の1年」
リーダーにとって、もっとも大切な「考え方」とは
・リーダーに必要なのは信頼につながる考え方
未来からミッション・ビジョンを考えてみる

2章 これからの人材育成に必要なマインドとスキル
リーダーは与える人、成長させる人
・「自主的」ではなく、「主体的」に動ける人がリーダー
・部下に答えだけを与えてはいけない
これからの時代のリーダー 7つのマインドとスキル
良好な組織を築くには、まず信頼される個人であること
・組織がうまく機能しないとき、見直すべきは「自分」

3章 部下の力を引き出す コーチングの3ステップ
STEP1 信頼されるコミュニケーションを学ぼう
STEP2 助言する前に、相手を理解しよう
STEP3 相手から影響を受ける・シナジーを生み出す

4章 リーダーは何を学ぶべきなのか
「学ぶ」とは、思考、習慣変え、運命を変えること
思考、言葉を変えるために、偉人の智慧を学ぶ
5つの質問を考え、答えを更新し続ける
「隙間時間」と「他力」を有効活用しよう
行動、習慣を変えるために計画を立てる
メンターと仲間をつくることの重要性
アカウンタビリティーが実行するときに役立つ

5章 医療業界の人材育成は、これからどう変わるのか
診療のあり方がコロナショックで変わった
未来の医療のカタチを考える
・AIで医療はどう変わるか?
・AIが出てきたあとの人間の役割とは
未来の人材育成に必要なもの

おわりに...

≪著者について≫
医療法人社団モンゲンロート 理事長、有明みんなクリニック 有明ガーデン院 院長、
医療経営大学 学長、株式会社メディモ 代表取締役
2003年に獨協医科大学卒業。小児科医として重篤な子どもたちと接するうちに
「子どもたちがこんなに苦しむ前になんとか救ってあげられないか」という思いから、
有明こどもクリニックを開院。現在、有明・豊洲・勝どき・田町・芝浦で5院のクリニック、
豊洲で病児保育室を運営し、全て合わせて月間1.5万人の患者が来院する。
2019年に開業医に経営やマーケティングなどを伝授する「医療経営大学」を開設。
初の冠番組「未来をつくるこどもクリニック」をはじめ、TVなど各メディアにも多数出演。
「NEWS TOKYO FLAG」火曜レギュラーコメンテーターも務めている。
著者に「失敗を経て来院者数300%アップさせた院長が教える クリニック経営の成功法則」
「名医が教える!子育て学」など。

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

株式会社クロスメディア・パブリッシング

株式会社クロスメディア・パブリッシングは、2005年の設立以降、ビジネス書を中心に全国主要書店の売上ランキングにあがるベストセラー書を数多く出版しています。「あらゆるメディアを通じて、働く人々の問題解決をする」という理念のもと、電子書籍やWebサービスなどにも積極的に取り組んでいる会社です。

記事一覧 公式サイト

株式会社クロスメディア・パブリッシングの一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?