本を知る。本で知る。

あなたは外に出ないで生活できますか?

PR
コロナの影響で外出しなくなった―――
外出しなくても食事が出来る、日用品も買い揃えられる。
気にはしなかったけど、きっとコロナがこの世界に拡がる前からそんな生活をしてた人はいたはずです。


欲...それは『人との関わり』―――
人間には「誰かに会って話したい」という欲求があります。
些細な事かもしれませんが、例えばカフェでテイクアウトをした時の店員さんの何気ない一言で、元気や勇気が湧いてくる時がありませんか?
また、会社ではテレワークを推奨するところも増え、同僚と直接顔を合わせなくなったのではないでしょうか。
今後デジタル化が進み様々なものが効率化されても、最後にはこうした人間の繋がりが残るのではないかと、著者は示唆しています。

本書では、これらの行動が感染症対策から起こったわけではなく、あくまでも今まではそのサービスを適当に使用していただけに留まっていて、
海外では当たり前の習慣が日本では古い習慣に囚われてしまっていて、前進できていなかった事を伝えています。
また、今回は「つながり」を新たなキーワードにし、人のつながりだけではなく「コトのつながり」について取り上げ、
買い物の潮流に変化が生まれたその動きを確認し、これから数年後の未来に私たちの買い物の仕方がどう変わっていくのかを、
「科学しながら」考えていこうという一冊になっています。


≪もくじ≫
序章 「デジタル時代の買い物」を科学してみる
第1章 2020年、私たちの買い物はこう変わった
第2章 生活者をつなぐ口コミはどう進化したか
第3章 EC先進国の米中で今、起こっていること
第4章 リーディングカンパニーが最前線で仕掛けていること
第5章 2030年、買い物の未来


著者について
望月智之(もちづき・ともゆき)
株式会社いつも 取締役副社長

東証1部の経営コンサルティング会社を経て、株式会社いつも を共同創業。
同社は消費財ブランドに対するD2C・ECコンサルティング会社として、現在までのべ9500案件以上を支援し、2020年12月には東証マザーズ上場。
自らはデジタル先進国である米国・中国を定期的に訪れ、最前線の情報を収集。
デジタル消費の専門家として、消費財・ファッション・食品・化粧品のライフスタイル領域を中心に、ブランド企業に対するデジタルシフトやEコマース戦略などのコンサルティングを手掛ける。

番組ナビゲーターを務めるニッポン放送「望月智之 イノベーターズ・クロス」のほか、J-WAVE、東洋経済オンライン、ダイヤモンド・オンラインなど、メディアへの出演・寄稿やセミナー登壇など多数。
著書に『2025年、人は「買い物」をしなくなる』がある。

企画協力 立川哲夫(株式会社いつも)

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

株式会社クロスメディア・パブリッシング

株式会社クロスメディア・パブリッシングは、2005年の設立以降、ビジネス書を中心に全国主要書店の売上ランキングにあがるベストセラー書を数多く出版しています。「あらゆるメディアを通じて、働く人々の問題解決をする」という理念のもと、電子書籍やWebサービスなどにも積極的に取り組んでいる会社です。

記事一覧 公式サイト

株式会社クロスメディア・パブリッシングの一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?