読むべき本、見逃していない?

地主と借地人の知識不足が、トラブルを引き起こしてしまう底地・借地問題

PR
  • 書名 底地・借地で困ったときに最初に読む本
  • サブタイトル地主さん・借地人さん・士業・ハウスメーカー・不動産業者のみなさんに知っておいてもらいたい「底地」と「借地」の基礎知識&トラブル解決事例
  • 監修・編集・著者名中川 祐治 (著)
  • 出版社名クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
  • 出版年月日2020年10月16日
  • 定価1680円+税
  • 判型・ページ数264ページ
  • ISBN9784295404606

借地人に貸している土地である「底地」と借地人がその借地上で自宅を建てている土地である「借地」は不動産業界の人でもその区別がつかなかったり、ベテランでも底地取引の経験がないこともあります。その背景として、底地・借地に関わる相談事やトラブルは専門的な知識が求められることも多く、苦労と時間がかかるわりには、実りが少ないということがあげられます。

底地・借地の問題は、裁判に至るというケースもあるのです。

大きな問題に発展しやすい問題だからこそ、しっかりとした専門家に相談する必要がありますが、底地と借地を専門に扱っている都内の不動産屋は全体の0.12%と大変希少価値の高いものになっています。

本書は都内で、底地・借地に特化した不動産である株式会社アバンダンスの代表取締役である中川祐治氏がこれまでの経験を元に、底地・借地のトラブルについて説明しています。底地・借地の基礎知識から、「地主側」「借地人側」それぞれから見たトラブルの解決方法を実例をふまえつつ、わかりやすく解説!

トラブルに発展してからでは遅すぎます。地主も借地人も最低限の知識を正しく理解していれば、トラブルを未然に防ぐことができるのです。地主・借地人の方だけでなく、不動産業界の方、底地・借地のトラブルに関わる専門家の方など、底地・借地に関わる人には一度は読んでほしい書籍になっています。

《もくじ》
序章 底地・借地の困った! トラブルあるある
1章 底地・借地の基礎知識
2章 "地主さん側から見た"トラブルの解決方法と底地の有効活用
3章 "借地人さん側から見た"トラブルの解決方法と借地の有効活用
4章 ちょっと珍しい底地・借地の専門家
5章 底地・借地に関わる、あらゆる専門家の皆さまへ

《著者プロフィール》
中川祐治(なかがわ・ゆうじ)
株式会社アバンダンス代表取締役。1979 年生まれ。宅地建物取引士、相続診断士。

高校卒業後、建設業界にて地主さんを主な顧客とした土地活用の提案営業に従事。 2006 年、底地専門の不動産会社に転じ、地主さんに寄り添った底地売買や相続対策の経験を積む。2011 年、底地と借地に特化した不動産会社、株式会社アバンダンスを設立。柔軟なコーディネートに定評があり、税理士などの士業事務所や大手ハウスメーカーと連携し、様々な不動産案件に対応している。2013 年、税理士などの士業とワンストップで相続対策をコーディネートする、あいか相続対策研究所株式会社を設立。現在は、地主さん・借地人さん向けセミナーのほか、金融機関の行員向け、大手ハウスメーカーや保険会社の職員向けセミナーや勉強会も行っている。

【法律監修】
弁護士 岡田洋介(佐々木・岡田法律事務所)

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

株式会社クロスメディア・パブリッシング

株式会社クロスメディア・パブリッシングは、2005年の設立以降、ビジネス書を中心に全国主要書店の売上ランキングにあがるベストセラー書を数多く出版しています。「あらゆるメディアを通じて、働く人々の問題解決をする」という理念のもと、電子書籍やWebサービスなどにも積極的に取り組んでいる会社です。

記事一覧 公式サイト

株式会社クロスメディア・パブリッシングの一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?