読むべき本、見逃していない?

新型ウィルスや大不況のような惨事でも生き残れる企業になれるたった一つの方法。

PR
  • 書名 ブランディング・ファースト
  • サブタイトル――広告費をかける前に「ブランド」をつくる
  • 監修・編集・著者名 宮村 岳志(著)
  • 出版社名クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
  • 出版年月日2020年4月24日
  • 定価1680円+税
  • ISBN9784295404118

▼ブランディングは「イメージ戦略」ではなく「経営戦略」

モノがあふれ、人の嗜好が目まぐるしく変わる現代、経営に「ブランディング」の視点は欠かせません。 「ブランディング」はいろんな媒体で広告を打つことや、良いデザインのロゴやウェブサイト、会社案内をつくる「イメージ戦略」ではなく、「経営戦略」です。つまり、企業の指針となるものを考え、決めることに他なりません。

それは、多くの人がイメージする、社外への訴えかけ「アウターブランディング」だけでは不十分で、社内に向けての「インナーブランディング」と両輪がそろって初めてブランディングは機能し、「効率化」「人材の確保」「利益の向上」に大きく貢献します。また、ブランディングは資本の豊かな大企業だけではなく、中小企業にも必要な視点です。そして、ブランディングにおいて「デザイン」が占める要素は近年、特に大きくなってきています。

本書は、これからの企業に必要な「経営戦略」としてのブランディングとデザインについて、わかりやすく解きほぐす一冊です。著者はこれまで美容・ファッション・教育・飲食など幅広い業界で、ビジネスとクリエイティブの両軸の深い理解を武器に、業界で一目置かれるブランドや上場企業のパートナーとして現役で活躍中。理論上だけではない、より実践的なブランディングの考え方を、主に3つのステップで解説しています。

ブランディングを勉強し始めたばかりの人も、ブランディングのプロフェッショナルも一度は読んでほしい良書です。

《もくじ》
はじめに
Chapter1 ブランディングは「経営戦略」である
Chapter2 私たちの考える「真のブランディング」とは
Chapter3 ネクストブランディングにおけるデザインの力
Chapter4 ブランディングの本質は「インナー」にある
Chapter5 ネクストブランディングのためのリーダーのマインドセット
おわりに

《著者プロフィール》
宮村 岳志(みやむら・たけし)

株式会社グロウ・リパブリック 代表取締役、エグゼクティブクリエイティブディレクター。2003年にグロウ・リパブリックを創業。ブランディング・クリエイティブ事業のかたわら、VJ(ビデオジョッキー)としても活動し、国内外の数多くの有名アーティストとイベントなどで共演。現在は、時流を予測したマーケティングから、コンセプト開発、クリエイティブ、分析・運用まで、一気通貫でディレクションを行っている。特にブライダル業界においては150施設以上の案件に携わるほか、美容・ファッション・教育・飲食など幅広い業界で、ビジネスとクリエイティブの両軸の深い理解を武器に、業界で一目置かれるブランドや上場企業のパートナーとして活躍している。その他、バリ島に特化した高級別荘の宿泊サービスの運営や、カフェ・飲食店の経営、音楽関連のグループ会社の経営にも携わる。

株式会社クロスメディア・パブリッシング

株式会社クロスメディア・パブリッシングは、2005年の設立以降、ビジネス書を中心に全国主要書店の売上ランキングにあがるベストセラー書を数多く出版しています。「あらゆるメディアを通じて、働く人々の問題解決をする」という理念のもと、電子書籍やWebサービスなどにも積極的に取り組んでいる会社です。

記事一覧 公式サイト

株式会社クロスメディア・パブリッシングの一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?