読むべき本、見逃していない?

自分の好きなことで勉強しよう!

PR
  • 書名 ファッションで社会学する
  • 監修・編集・著者名藤田 結子 (明治大学教授)、成実 弘至 (京都女子大学教授)、辻 泉 (中央大学教授) 編
  • 出版社名株式会社有斐閣
  • 出版年月日2017年7月13日
  • 定価本体2,300円+税
  • 判型・ページ数四六判・並製・308ページ
  • ISBN9784641174313

 本書は、実生活に身近な「ファッション」について考えることを通して、社会学に入門しようという野心的な入門テキストです。
 ファッション誌のメディア史から最新の文化事象の分析まで、オーソドクスな社会学的思考にアプローチしていくファッション「で」学ぶ社会学。

もくじ
 序 章 ファッションで社会学する(藤田結子・成実弘至)

パート1 メディア
 第1章 女性ファッション誌を読みとく──なにを着るか,いかに生きるか(米澤泉)
 第2章 男性ファッション誌を解読する──内容分析からみた男性文化の特徴(辻泉)
 第3章 ファッション誌の歴史──近代化と服飾メディアの登場(田中里尚)
 方法編 内容分析のすすめかた

パート2 身体・アイデンティティ
 第4章 外見と自分らしさ──何のため/誰のために外見を整えるのか(谷本奈穂)
 第5章 ジェンダーを"する"──逸れる,盛る,かき乱すファッション(北村文)
 第6章 コスプレとサブカルチャー──受容を超え,参加する文化へ(田中東子)
 方法編 インタビューのすすめかた

パート3 都市・流行
 第7章 ファッションのしくみ──パリモードからファストファッションまで(成実弘至)
 第8章 ストリートファッション──都市文化としてのファッション(渡辺明日香)
 第9章 ファストファッション──ファッションの「自由」がもたらす功罪(工藤雅人)
 方法編 アンケート調査のすすめかた

パート4 グローバリゼーション
 第10章 国境を越えるデザイナー──ファッション界における境界と競争(藤田結子)
 第11章 ファッションモデルの仕事から──グローバルな界における市場と労働(アシュリー・ミアーズ)
 方法編 参与観察のすすめかた

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

株式会社有斐閣

明治10年創業の出版社です。法学、経済学、人文科学一般に関する書籍を発行しています。 定期刊行物は,年版の『六法全書』,『ポケット六法』,『有斐閣判例六法』,『有斐閣判例六法Professional』などを,定期雑誌では『ジュリスト』,『法学教室』を刊行しています。HPでは,電子書籍やオンデマンド出版のご案内もしています。

記事一覧 公式サイト

株式会社有斐閣の一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?