読むべき本、見逃していない?

もしかしてあれって児童虐待なんじゃ...?という場面に遭遇したらどうする?

PR
児童虐待事件のニュースを見るたびに胸が締め付けられます。
もう少し、誰かが、何かを、していれば助かった命ではなかっただろうか?と思うような事件も少なくありません。

本書は、児童相談所常勤弁護士として現場の最前線で活動している久保健二先生が、日々生じる問題と法的対応を132事例で解説した実務解説書です。
先生の経験を基にした具体的な事例を確認することで、類似する場面に自分が遭遇した際に取るべき行動を学ぶことができます。

是非、多くの方に本書を読んでもらい、一つでも多くの命が救われることを祈ります。

【著者紹介:久保健二】
平成23年4月から全国初の児童相談所常勤弁護士(特定任期付職員)として福岡市こども総合相談センターに着任。平成28年4月から一般職員として同センターのこども緊急支援課(※緊急に虐待対応を担当する課)課長に就任。平成28 年7 月からは厚生労働省が設置した「児童虐待対応における司法関与及び特別養子縁組制度の利用促進の在り方に関する検討会」の構成員も務める。

第1章 子ども虐待対応
第1 子ども虐待対応の考え方
第2 虐待通告
第3 調 査
第4 一時保護
第5 指導・支援
第6 里親委託・施設入所措置等
第7 家庭引き取り(自立支援)
第8 虐待類型ごとの事例

第2章 虐待対応上の諸問題
第1 親権について
第2 刑事裁判
第3 情報管理
第4 関係機関との連携
第5 保護者側に弁護士がついたとき
第6 審査請求がなされたとき

第3章 里親委託・施設入所中の問題
第1 子どもの加害行為
第2 医 療
第3 パスポート
第4 親族の死亡の告知
第5 児童手当の管理

第4章 被措置児童等虐待
第1 初期対応
第2 子ども・関係者からの聴き取り
第3 児童福祉審議会との関係
第4 里親の欠格事由

第5章 養子縁組
第1 特別養子縁組
第2 普通養子縁組
第3 その他

第6章 その他
第1 少年審判
第2 報道対応
第3 子の氏名
第4 単身親の死亡後の手続への関与
第5 虐待を行った親からの接触の制限
第6 措置費用の徴収

コラム(抜粋)
通告窓口の一元化と48 時間ルールの見直し
立入調査と臨検・捜索
裁判所命令に基づく保護者指導
児相に常勤弁護士がいる効用って何?
               ......など

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

日本加除出版株式会社

日本加除出版株式会社の記事です。加除式図書、戸籍、登記、住民基本台帳といった分野を中心に、実務書、専門六法、月刊誌などを扱う出版社です。新刊情報、実務情報などご案内いたします。

記事一覧 公式サイト

日本加除出版株式会社の一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?