本を知る。本で知る。

防災バッグに是非1冊!被災したときのために「ちしきの備え」を!

PR
  • 書名 被災したあなたを助けるお金とくらしの話 <増補版>
  • 監修・編集・著者名岡本 正 著
  • 出版社名株式会社弘文堂
  • 出版年月日2021年12月 3日
  • 定価本体1,300円+税
  • 判型・ページ数四六判・1474ページ
  • ISBN9784335552069
  • Cコード0036

内容紹介

防災バッグに必須の「ちしきの備え」決定版!
法改正への対応とコロナ関連コラム7本追加でさらに充実!

地震、津波、台風、豪雨、土砂崩れ...だれもが災害にあう日本列島。住宅ローンの支払いができない、通帳や印鑑をなくした、国や自治体の支援はあるのか、生活費がない、公共料金が支払えない、壊れた屋根が隣家に被害を与えトラブルに、相続や保険の手続が複雑でわからない──。途方に暮れ、絶望の淵にたつ被災者を助けるのは、あなたをひとりにしないための様々な法律と制度だったのです。

本書は、各種の制度・支援の適用をうけるための手続きの仕方、公共料金や携帯料金、保険料の支払猶予や免除、相続の特例など様々な制度・支援の受け方や内容をはじめ、大災害の被災者にとって希望となる知識を親しみやすいイラストと語り口で解説する好評の一冊。そんな決定版が、法改正のフォローはもちろん7本のコラムと新規イラストの追加で、充実の増補版となりました。コラムで扱うのは、新型コロナウイルスのまん延によって生活に大きな影響をうけた方々への生活支援。そこには、大災害対応で得られた知見が多く活かされているのです。

著者は、内閣府ほか公務員経験のある弁護士で法学博士。また東日本大震災後に4万件を超える被災者相談事例を分析した経験をもとに「災害復興法学」を創設したパイオニア。防災教育に関わる第一人者が、最も信頼できる情報を提供します。

被災後の生活再建の大きな支えとなる「ちしきの備え」厳選30話。

 

目次

Part 1 はじめの一歩

Chapter1 大災害で被災するとはどういうことか/Chapter2 生活再建への第一歩「罹災証明書」を必ず知っておこう/Chapter3 罹災証明書の被害認定、写真撮影も忘れずに/コラム1 新型コロナと生活支援情報

Part 2 貴重品がなくなった

Chapter4 通帳やカードなしでも預貯金は引き出せる/Chapter5 家の権利証がなくなっても権利はなくならない/Chapter6 保険会社や契約内容が不明なら保険協会の窓口へ/Chapter7 保険証をなくしても保険診療を受けられる/コラム2 新型コロナと休業支援

Part 3 支払いができない

Chapter8 携帯電話料金は支払い期限延長や減額も/Chapter9 保険会社による保険料の支払い猶予も/Chapter10 電気・ガス・水道等公共料金の支払いは、猶予措置あり/Chapter11 被災ローンは破産にあらず─ガイドライン①─/Chapter12 被災ローン減免制度には多くのメリット─ガイドライン②─/Chapter13 返済条件変更前に減免制度の確認を─ガイドライン③─/コラム3 コロナ版ローン減免制度の誕生

Part 4 お金の支援

Chapter14 すまいの全壊等には被災者生活再建支援金を─支援金①─/Chapter15 被災者生活再建支援金、最大200万円の加算支援金も─支援金②─/Chapter16 災害弔慰金、遺族等に最大500万円─弔慰金①─/Chapter17 災害弔慰金、「関連死」でも受け取り可能─弔慰金②─/Chapter18 3年間は返済の必要なし 災害援護資金貸し付け/Chapter19 義援金は自治体が配分、申請を忘れずに/コラム4  コロナ給付金を保護せよ

Part 5 トラブルの解決

Chapter20 賃貸借契約の紛争、災害ADRによる解決を─ADR①─/Chapter21 自宅の損壊で他者に被害、ADR活用も─ADR②─/Chapter22 便乗・悪徳商法に注意、契約は慎重に/Chapter23 避難所でも女性や子どもの権利に配慮を/コラム5 新型コロナの紛争にADR

Part 6 生活を取り戻す

Chapter24 相続放棄ができる期限に注意を/Chapter25 特別法の発動で行政手続等の期限が延長に/Chapter26 仮設住宅に入れない!? 自宅の応急修理制度利用にはご注意/Chapter27 新しい借り入れ金のしくみ「リバース・モーゲージ」を検討しよう/Chapter28 仮設住宅の入居要件は緩和されることもある/コラム6コロナと避難所TKB

Part 7 被災地の声を見る

Chapter29 無料法律相談4万件の声が導く復興政策の軌跡─東日本大震災─/Chapter30 無料法律相談1万2000件の声を防災・減災に活かす─熊本地震─/コラム7 新型コロナと国民の声

著者情報

岡本 正

弁護士(銀座パートナーズ法律事務所)。第一東京弁護士会所属。博士(法学)。岩手大学地域防災研究センター客員教授、北海道大学公共政策学研究センター上席研究員、慶應義塾大学・青山学院大学等非常勤講師。2001年慶應義塾大学法学部卒、2003年弁護士登録。東日本大震災を契機に2011年4月から12月まで日弁連災害対策本部嘱託室長に就任、同震災後の4万件の弁護士無料法律相談データベース作成を担う。実務や行政における豊富な経験を活かし2012年より『災害復興法学』講座を各大学に創設、その防災教育活動は「危機管理デザイン賞」(2013年)、「若者力大賞ユースリーダー支援賞」(2014年)などを受賞。防災分野の著書多数。
 

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

株式会社弘文堂

法律および人文・社会科学分野の書籍を発行しています。 とりわけ法律の分野では定評をいただいており、「弘文堂プレップ法学」など入門書から、 基本書として「法律学講座双書」「法律学講義シリーズ」、さらに論文集を多数出版し、 その出版活動は法律学全般を覆っています。最近では、「伊藤真シリーズ」 「新・論点講義シリーズ」「ケースブックシリーズ」「演習ノートシリーズ」 「判例ノートシリーズ」などを鋭意刊行中です。 人文・社会の領域では、下記の分野に意欲的に取り組んでいます。  1) 社会学、海外事情  2) 歴史学、人類学・民俗学、宗教学  3) 哲学・思想、精神医学・心理学  4) 経済・経営  5) 医療・介護・福祉  6) 資格試験

記事一覧 公式サイト

株式会社弘文堂の一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?