本を知る。本で知る。

炎上はネットの中の話――では済まされない。

PR
  • 書名 炎上する社会
  • サブタイトル企業広報、SNS公式アカウント運営者が知っておきたいネットリンチの構造
  • 監修・編集・著者名吉野 ヒロ子 著
  • 出版社名(株)弘文堂
  • 出版年月日2021年3月11日
  • 定価本体2,200円+税
  • 判型・ページ数A5判・並製・232ページ
  • ISBN9784335552038
  • Cコード1036
 2005年、日本で初めて炎上という表現が使用されて以降、SNSの普及もあいまって、アルバイト従業員によるバカッターから、企業CMの不適切表現、経営者やタレントの不祥事にいたるまで、炎上事例は今日も増え続けています。そうした事例のなかには逮捕者が出たり、誹謗中傷に悩み自殺に至るケースもあるなど、炎上はネットの中の話だから......と、切り捨てることのできない事態となっています。
 本書では、東芝クレーマー事件、UCC上島珈琲、PCデポ、ラーメン二郎仙台店、ローチケHMVチケットキャンセル騒動、大戸屋バイトテロなど、実際に起きた企業の炎上事例を対象に、炎上の構造と対応策を解析。Twitterの投稿から、誰がなんのために燃やしているのかを分析します。
 炎上前の予備知識として、炎上後の適切な謝罪にも役立つ、ネット時代の広報必携書です。

【目次】
第1章 炎上とはなにか
 1.炎上の定義と特徴
 2.炎上のパターン
 3.炎上の典型的なプロセス
 4.炎上の2つの側面――「祭り」と「制裁」
 5.本書で考えたいこと
 ◇コラム:炎上とソーシャルメディア

第2章 炎上の歴史と社会の変化
 1.間メディア社会における炎上
 2.炎上の変遷
 3.炎上の発生・拡大に関わるメディアの特徴
 4.炎上の認知経路は炎上への態度に影響するのか
 5.炎上は、ネットだけで起きているわけではない
 ◇コラム:J-CASTニュースから見た炎上

第3章 Twitterでは炎上についてなにが投稿されているのか
 1.炎上ではなにが起こっているのか
 2.事例1――PCデポ炎上(2016年)
 3.事例2――ラーメン二郎仙台店炎上(2017年)
 4.攻撃的な投稿・批判的な投稿はリツイートされやすいのか?
 5.炎上の時にTwitterで起きていること
 ◇コラム:PCデポに関する2ちゃんねるのスレッド

第4章 炎上に参加する人々
 1.どのような人が炎上に参加しているのか?
 2.炎上について投稿した人としていない人の違い
 3.批判的な投稿をした人と批判以外の投稿をした人の違い
 4.炎上の対象を批判した動機
 5.炎上参加者は「普通」の人たち
 ◇コラム:誹謗中傷する人はどんな人か(対談:弁護士 清水陽平)

第5章 炎上は企業の評判にどう影響するのか
 1.企業のレピュテーションと炎上
 2.2020年調査の概要と主な結果
 3.個別事例への反応
 4.炎上と企業への評価
 ◇コラム:Z世代と炎上

第6章 危機管理広報から見た炎上
 1.炎上社会における企業広報の役割
 2.危機管理広報とはなにか
 3.炎上対応の難しさ
 4.どう対応するか――3つの軸から
 5.どう備えるか
 6.企業の炎上対応に必要なこと
 ◇コラム:炎上〇×クイズ

おわりに――ネットは社会をどう変えたのか
 1.炎上の背景にある社会の変化
 2.炎上のネガティブな影響をどう抑止するか

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

株式会社弘文堂

法律および人文・社会科学分野の書籍を発行しています。 とりわけ法律の分野では定評をいただいており、「弘文堂プレップ法学」など入門書から、 基本書として「法律学講座双書」「法律学講義シリーズ」、さらに論文集を多数出版し、 その出版活動は法律学全般を覆っています。最近では、「伊藤真シリーズ」 「新・論点講義シリーズ」「ケースブックシリーズ」「演習ノートシリーズ」 「判例ノートシリーズ」などを鋭意刊行中です。 人文・社会の領域では、下記の分野に意欲的に取り組んでいます。  1) 社会学、海外事情  2) 歴史学、人類学・民俗学、宗教学  3) 哲学・思想、精神医学・心理学  4) 経済・経営  5) 医療・介護・福祉  6) 資格試験

記事一覧 公式サイト

株式会社弘文堂の一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?