読むべき本、見逃していない?

民法が大きく変わる!改正の経緯・条文の趣旨・実務への影響は?

PR
  • 書名 実務解説 改正債権法
  • 監修・編集・著者名日本弁護士連合会 編
  • 出版社名弘文堂
  • 出版年月日2017年7月 7日
  • 定価本体4,000円+税
  • 判型・ページ数A5 並製 568ページ
  • ISBN9784335356490
  • CコードC3032

民法改正作業と並走してきた日本弁護士連合会・民法(債権関係)部会バックアップチームによる逐条解説書が刊行された。 改正債権法の全てがわかる決定版!

【本書の特長】

●今回の民法改正作業において大きな役割を果たしてきた
 日弁連・民法(債権関係)部会バックアップチームの集大成ともいえる逐条解説書
●改正法の条文の後に、新旧対照を容易にするため、改正前民法も掲載
●「背景」には改正の経緯を、「趣旨」には条文の内容を、
 「実務への影響」には今後の実務上の注意点を、わかりやすく解説
●関連する判例・裁判例を「参考判例等」として、ピックアップ
●今後の改正を見据え「改正から除外された重要論点」についても言及
●有機的な理解を可能にするクロス・リファランス
●条文索引・事項索引・判例索引で検索機能も充実
●弁護士、司法書士、行政書士、税理士、公認会計士などの実務家、
 そして、多くの市民にとって役立つ必携必備の一冊

目次

第1 公序良俗
第2 意思能力
第3 意思表示
第4 代理
第5 無効および取消し
第6 条件および期限
第7 消滅時効
第8 債権の目的(法定利率を除く)
第9 法定利率
第10 履行請求権等
第11 債務不履行による損害賠償
第12 契約の解除
第13 危険負担
第14 受領遅滞
第15 債権者代位権
第16 詐害行為取消権
第17 多数当事者の債権および債務
第18 保証債務
第19 債権譲渡
第20 有価証券
第21 債務引受
第22 契約上の地位の移転
第23 弁済
第24 相殺
第25 更改
第26 契約に関する基本原則
第27 契約の成立
第28 定型約款
第29 第三者のためにする契約
第30 売買
第31 贈与
第32 消費貸借
第33 賃貸借
第34 使用貸借
第35 請負
第36 委任
第37 雇用
第38 寄託
第39 組合
第40 その他
改正から除外された重要論点
【条文索引・事項索引・判例索引】

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

株式会社弘文堂

法律および人文・社会科学分野の書籍を発行しています。 とりわけ法律の分野では定評をいただいており、「弘文堂プレップ法学」など入門書から、 基本書として「法律学講座双書」「法律学講義シリーズ」、さらに論文集を多数出版し、 その出版活動は法律学全般を覆っています。最近では、「伊藤真シリーズ」 「新・論点講義シリーズ」「ケースブックシリーズ」「演習ノートシリーズ」 「判例ノートシリーズ」などを鋭意刊行中です。 人文・社会の領域では、下記の分野に意欲的に取り組んでいます。  1) 社会学、海外事情  2) 歴史学、人類学・民俗学、宗教学  3) 哲学・思想、精神医学・心理学  4) 経済・経営  5) 医療・介護・福祉  6) 資格試験

記事一覧 公式サイト

株式会社弘文堂の一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?