読むべき本、見逃していない?

『白球黄金時代』の執筆を終えて
(著者・依光隆明)

PR
  • 書名 『白球黄金時代』
  • サブタイトル門田豊重、浜村孝が語る高知県宇佐野球物語
  • 監修・編集・著者名依光隆明 著
  • 出版社名リーダーズノート出版
  • 出版年月日2021年5月13日
  • 定価本体1400円+税
  • 判型・ページ数四六版・ハードカバー・208ページ
  • ISBN9784903722863
  • Cコード0095


 昭和は野球の時代だった。
 シャツの背中に背番号「3」を書いて草野球に興じた少年は、ドラフト1位で今はなき西鉄ライオンズに入った。中学の1年先輩は甲子園で優勝し、ドラフト1位で東京(現ロッテ)オリオンズに。1年後輩はドラフト1位で読売巨人軍に入る。高知県の田舎にある小さな公立中学校で同時期に汗を流した3人が、いずれもドラ1でプロ野球に入ったのである。
 ゴールデンタイムのテレビはプロ野球の巨人戦であり、少年誌の表紙を飾るのはプロ野球のスター選手という時代だった。

 この物語の主人公は野球であり、高知県土佐市宇佐町という海の町である。語り部は高知商業高校から西鉄ライオンズに入った浜村孝と、その同級生の門田豊重。1947年生まれの2人の人生を縦軸にしながら、多くの人間模様、昭和という時代を描かせてもらった。登場するのは宇佐中学校の1年先輩、ミスターロッテの有藤道世や長嶋茂雄、王貞治、金田正一、中西太、小久保裕紀、山本功児、そして高校球界の巨星、籠尾良雄などなど。門田と浜村の話が転ぶたびにさまざまな人物が交差する。そこに昭和の息吹をまぶした。

 かといって野球の本というわけではない。実はこの本の成り立ちは少し変わっている。端緒は門田が病気になったことである。余命を告げられたと聞いた友人が、「門田の話を残そう」と思い至る。大親友である浜村孝の協力を得て完成したのがこの本である。

 浜村孝と聞いてもよほどの野球ファンでない限り知らないだろう。
 夏の甲子園が100回を迎えた2018(平成30)年、高知新聞社が県内歴代高校球児のMVPを募集した。打者のベスト10を見ると、1位は高知高の甲子園優勝メンバー、杉村繁(ヤクルト)である。続く2位が甲子園でサイクルヒットを放った土佐高の玉川寿。3位は明徳義塾の甲子園優勝メンバー、森岡良介(中日、ヤクルト)。4位は高知高の甲子園優勝メンバー、有藤道世。そうそうたる甲子園勢が並ぶ中、5位に入ったのが浜村孝である。浜村は甲子園に1回も出ていない。それなのに5位に入ったということは、浜村が与えた記憶がいかに鮮烈だったかということだ。
 浜村が主将を務めていた当時の高知商業は、今でも「史上最強」を言われることがある。エースで4番が東映、南海、阪神で活躍する江本孟紀。主将で3番が浜村、ほかにも専大に進んで東都大学リーグで首位打者となる大木正行など、ずらりと超高校級をそろえていた。そもそも高知県勢自体が強い時代だった。1964(昭和39)年の夏の甲子園は有藤道世がいた高知高校が優勝する。夏を過ぎると浜村、江本の高知商がぶっちぎりの強さを見せ、連戦連勝。向かうところ敵なしの勢いで四国大会でも優勝し、春の甲子園出場を決める。当然のように甲子園の優勝候補に挙げられたのだが......。


●この書籍は、2021年5月13日(木)発売予定です

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

リーダーズノート出版

『どこかに「毒」がなくてはつまらない。どこかに「蜜」がなくては諭しめない。どこかに「骨」がなくては意味がない』それらを自らのレーゾンデートルと位置付け、精力的に出版活動を行っている出版社。

記事一覧 公式サイト

リーダーズノート出版の一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?