読むべき本、見逃していない?

書籍『コロコロ日記 新型コロナウイルス・NEWSウォッチ』が10名様にあたる!

PR
  • 書名 コロコロ日記
  • サブタイトル 新型コロナウィルス・NEWSウォッチ
  • 監修・編集・著者名ヒグ マルコ 著
  • 出版社名リーダーズノート出版
  • 出版年月日2020年4月17日
  • 定価本体1000円+税
  • 判型・ページ数A4、並製、本文2色、104ページ
  • ISBN9784903722795
  • Cコード0095

 新型コロナウイルスの感染者が減少しているというニュースに、少しほっとしている人も多いだろう。しかしまだ、油断できないと思っている人もいるはず。

 本書『コロコロ日記 新型コロナウイルス・NEWSウォッチ』(リーダーズノート出版)は、グラフィック・デザイナーのヒグマルコさんが、コロナ関連の内外のニュースやSNSをウォッチして描いたものだ。これまでの流れがイラストによって一目でよくわかる。

始まりからウォッチ

 始まりは1月9日ごろ、中国湖北省の武漢市で起こっていた原因の分からない肺炎の病原体が新型コロナウイルスだったというニュース。春節を前にマスクをした中国人観光客(1月23日ごろ)、ダイヤモンド・プリンセス号での体温測定(2月3日ごろ)など、この頃はまだ他人事というムードが感じられる。そして4月7日の緊急事態宣言について、「内容の甘さに驚き」という海外の反応を紹介している。いま何が起きているかを知るだけでなく、この数カ月を振り返ることで、日本の対応が果たして適切なものだったかを痛感する。

 日本ばかりではなく世界各地のニュースにも注目している。たとえば、韓国のドライブスルー方式のPCR検査について各国の報道を紹介しているので公平さが感じられる。ニュースソースが国内に限らないので、テレビのワイドショーのような偏りが感じられない。

SNSもチェック

 ニュースばかりではなく、SNSも拾い上げているのが特徴だ。トイレットペーパーの買い占めがSNSで拡散され、デマがデマでなくなったことや「アベノミクスからアベノマスク」という名言がSNSで拡散されたことも詳しく取り上げている。

 著者のヒグマルコさんは、「巣ごもりデザイナー」と自称しているが、収集した情報の幅の広さと感度には驚くばかりだ。1項目が1ページに描かれている。イラストにつく解説は、多くのメディアに目配りしており参考になる。新型コロナウイルスが世界にもたらした影響がつぶさにわかる一冊だ。



【フォロー&RTでプレゼント】
 (応募を締め切りました。多数のご応募ありがとうございました。)
 J-CAST BOOKウォッチの公式ツイッターアカウントをフォロー&該当ツイートをリツイートして応募してください!
 既にフォロー済みの方は、リツイートいただければ応募完了です。
 締切:2020年6月25日(木) ※応募を締め切りました。
 ご当選者様には、ダイレクトメッセージでご連絡します。
 ご応募はこちらから。
 https://twitter.com/jcast_book/status/1263002434105827328
「返信」や「いいね」も大歓迎です! よろしくお願いします!

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

リーダーズノート出版

『どこかに「毒」がなくてはつまらない。どこかに「蜜」がなくては諭しめない。どこかに「骨」がなくては意味がない』それらを自らのレーゾンデートルと位置付け、精力的に出版活動を行っている出版社。

記事一覧 公式サイト

リーダーズノート出版の一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?