本を知る。本で知る。

大器晩成は、大器「免」成?立派な人は、完成することがないというのが本当の意味だった!

PR
  • 書名 慶應志木高校ライブ授業 漢文は本当につまらないのか
  • 出版社名祥伝社
  • 出版年月日2014年3月31日
  • 判型・ページ数332ページ
  • ISBN9784396113643
 「『論語』は完全無欠」だなんて、思っていませんか?

漢文を学ぶこととは、人間を学び、人生を考えること。
漢文は、考える力をやしなうのに最適のテキストだ!
なじみある中国古典の新しい「読み方」に挑戦した、スーパー授業を完全採録!
橋本先生の授業は、あまりのおもしろさに、睡魔とたたかう生徒もいない。
彼は、漢文教養も、日本語や日本文化のひとつと考え、
これを学ぶ授業時間がどんどん減っている現実を憂えている。
漢字や儒教、朱子学の理解から始まり、『大学』、『論語』、『老子』、『詩経』、そして、正史『三国志』の名句・名文を読むが、その賛美をするわけでもない。
挙句のはてには、フーコーやサイードの哲学話が飛びだす......。
漢文の授業への固定概念が崩壊するだろう。
こんな授業を受けたかった!

慶應志木高校ライブ授業
漢文は本当につまらないのか
橋本陽介 (著)


【著者略歴】
橋本陽介(はしもと・ようすけ)
1982年、埼玉県生まれ。
慶應義塾志木高等学校卒、慶應義塾大学大学院文学研究科中国文学専攻博士課程単位取得。
博士(文学)。現在、慶應義塾大学非常勤講師(中国語)。
慶應義塾志木高等学校非常勤講師(国語)。
専門は、中国語を中心とした文体論、比較詩学。
ほぼ独学で、7カ国語を習得した。

書名:慶應志木高校ライブ授業 漢文は本当につまらないのか
著者:橋本陽介(著)
発売日:2014/3/31
定価:860円+消費税 

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

祥伝社

一般書籍から新書、文庫、雑誌、コミックスと幅広いジャンルの出版物を手掛ける総合出版社です。
・雑 誌「FEEL YOUNG」「小説NON」「onBLUE」 など
・書 籍 一般書・実用書 ノン・ノベル 祥伝社新書 祥伝社文庫 祥伝社黄金文庫 四六判図書・文芸書 祥伝社ムック フィールコミックス 祥伝社コミック文庫 など

記事一覧 公式サイト

祥伝社の一覧

一覧をみる

書籍アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

漫画アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?