読むべき本、見逃していない?

スコアラーの野球観戦は、さながら探偵の謎解きゲームのようである!スコアラーの視点で野球を観れば、新たな野球が見えてくる!

PR
 阪神タイガースのスコアラーを25年務めた著者が、スコアラー目線で野球をみる「プロ」の野球観戦術を公開。
プロ野球が100倍楽しくなる野球の見方を教えます。

スコアラーの野球観戦は、さながら探偵の謎解きゲームのようである!
スコアラーになった気持ちで野球を見れば、「打った」、「投げた」、「捕った」、「走った」というプロ野球のダイナミックなプレーを4次元的に見ることができる。

昨年から今年にかけての現役選手の打撃や投球をスコアラーの現役時代と同じやり方で分析、そのやり方や分析結果までを惜しみなく公開。
著者が長年のスコアラー人生で得た経験と知識を借りて、スコアラーの視点で奥深く野球を見れば、日本のプロ野球では、レベルの高い緻密な野球が展開されていて、そこには非常に興味深いデータと、選手のとんでもない才能を垣間見ることができる!

○なぜ常勝チームと弱小チームの差ができるのか?
○輝かしい才能をもった選手が、なぜ銭の稼げる選手とヘタレで終わる選手に分れるのか?
○今年のタイガースやジャイアンツはどうなるのか?
○藤浪晋太郎や大谷翔平はスターになれるのか?
○ダルビッシュはデータをどのように生かしているのか?
○イチロー、落合、阿部慎之助の共通点とは?
○プロ野球のサインは、本当は誰が出しているのか?

打者とピッチャーの相性はデータからすべてわかるなど、スコアラー視点で推理しながら野球を見れば今までのプロ野球がまるでベンチの中にいる気分で観戦できます。
また、長年、選手を見続けてきたスコアラーだからこそ、打者やピッチャーの長所、弱点、クセや性格などを知りつくし、どの選手が伸びてどの選手が結果を出せないかがわかるのです。

緻密なデータを挙げても、それを生かせるコーチや選手がいるか?活かせる技術を持ち合わせているか?
監督とコーチの相性が原因でチームがバラバラなどという、スコアラーとしての中にいるからこそわかる情報や各チームの事情を分析し、惜しみなく披露。
また、古巣阪神タイガースがなぜ低迷するのかも辛口分析。
虎ファンのみならず、プロ野球好きには読まずにいられない1冊です。

虎のスコアラーが教える「プロ」の野球観戦術
三宅博(著)


【著者略歴】
三宅博(みやけ・ひろし)
1941年、岡山県倉敷市生まれ。
県立倉敷工業高校で58年春、59年春夏の甲子園に出場。
60年に大阪タイガース(現阪神)のスカウトを受けてプロ入り。
入団年より一軍の試合にショートやセカンドで出場し将来を嘱望されるも、64年、試合中の走塁で右膝靱帯断裂。
翌年、現役を引退し球界を離れる。
80年にコーチとしてタイガースに復帰、82年からはスコアラーに。
緻密な情報収集とその分析・解析力には定評があり、タイガースオリジナルのデータシステム構築に尽力した。
スコアラーとして25年間にわたりチームの表も裏も見てきた。
2006年退団後、北京オリンピックを目指す星野ジャパンのスコアラーとして招集された。
現在は岡山理科大野球部のコーチとして大学生を指導する。
著書に「虎の007スコアラー室から見た阪神タイガースの戦略」がある。


書名:虎のスコアラーが教える「プロ」の野球観戦術
著者:三宅博(著)
発売日:2013/4/12
定価:638円+税

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

祥伝社

一般書籍から新書、文庫、雑誌、コミックスと幅広いジャンルの出版物を手掛ける総合出版社です。
・雑 誌 「nina’s」「FEEL YOUNG」「からだにいいこと」「小説NON」「onBLUE」 など
・書 籍 一般書・実用書 ノン・ノベル 祥伝社新書 祥伝社文庫 祥伝社黄金文庫 四六判図書・文芸書 祥伝社ムック フィールコミックス 祥伝社コミック文庫 など

記事一覧 公式サイト

祥伝社の一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?